ホーム > News Headlines > 『他者という病』文庫刊行記念イベント

イベント/書店情報終了しました

中村うさぎ「女王、地獄から生還す!」(聞き手:中瀬ゆかり)

『他者という病』文庫刊行記念イベント

『他者という病』文庫刊行記念イベント

難病発症後、三度も臨死を体験し、薬の副作用で自分を見失い、仕事もなくなっていき……。
中村うさぎが極限状態で綴った壮絶な手記、『他者という病』。女王はあのどん底の日々からいかにして生還したのか。あれから数年経ち、いまだから明かせる真実とは、そして気になる女王の近況は?
中瀬ゆかりを聞き手に中村うさぎが語り尽くす、衝撃と爆笑のトークショー。ぜひお越しください。

開催日時 2018年3月8日(木) 19:00〜20:30(18:30受付開始)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ※トーク終了後、会場で書籍を購入された方を対象に中村うさぎさんのサイン会を予定しております。なお、時間の都合上、サインはお一人様1冊とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前です。

著者紹介

中村うさぎナカムラ・ウサギ

1958(昭和33)年福岡県生れ。同志社大学文学部英文科卒。OL、コピーライターを経て、ジュニア小説デビュー作『ゴクドーくん漫遊記』がベストセラーに。その後、壮絶な買い物依存症の日々を赤裸々に描いた週刊誌の連載コラム「ショッピングの女王」がブレイクする。『女という病』『私という病』『プロポーズはいらない』『女はかくもままならぬ』『狂人失格』『セックス放浪記』『愛という病』などエッセイ、小説、ルポルタージュに著書多数。

中瀬ゆかりナカセ・ユカリ

1964年和歌山県生まれ。奈良女子大学英文学科卒業後、新潮社に入社。『新潮45』編集長、『週刊新潮』部長職編集委員などを経て、2018年5月現在は出版部部長。『5時に夢中!』(TOKYO MX)には番組開始初期からレギュラー出演。他にも、『とくダネ!』(フジテレビ)などにコメンテーターとして出演している。

書籍紹介