ホーム > News Headlines > 虎屋文庫presents「ここだけの和菓子のハナシ」

イベント/書店情報

虎屋文庫presents「ここだけの和菓子のハナシ」

『和菓子を愛した人たち』刊行記念イベント

虎屋文庫presents「ここだけの和菓子のハナシ」

日本を代表する和菓子店、虎屋。
室町時代後期に創業して以来、虎屋の歴史は、すなわち和菓子の歴史とも言えます。

そうした和菓子の歴史をまとめ、和菓子文化を伝えていくことを目的とした資料室「虎屋文庫」には、和菓子に関する貴重な資料や器物が残っています。
このたび、その虎屋文庫がまとめた『和菓子を愛した人たち』が刊行されました。本書の刊行を記念し、虎屋文庫のメンバーが、和菓子と歴史上の人物にまつわる、あんな話こんな話を語るイベントを開催します。
紫式部からペリーまで、多くの人に愛されてきた和菓子。今川焼のような庶民的なものからお殿様しか口にできない豪華な落雁まで、実にディープな和菓子の世界を、心ゆくまでお楽しみください。
本には入りきらなかった秘話や裏話、そしてさまざまな資料をご紹介しながらの話は、和菓子好き、歴史好きの方が満足すること間違いなし。ぜひお越しください!

【虎屋文庫とは】
1973年、和菓子文化の伝承と創造の一翼を担うことを目的として設立された、和菓子の資料室。長年にわたり宮中の御用を勤めてきた虎屋の貴重な資料や器物を保管整理し、機関誌「和菓子」の発行や展示などを通して和菓子の魅力を広める活動をしている。2017年6月に『和菓子を愛した人たち』(山川出版社)を刊行。
イベント出演者:丸山良(文庫長)、中山圭子(専門職)、森田環(研究主査)

開催日時 2017年7月18日(火)19:00〜20:30(受付開始18:30〜)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■チケット
1,500円/自由席
1,300円/自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)

※ 当日は本のエピソードにも登場する虎屋の最中『御代の春』をご提供いたします。
※『和菓子を愛した人たち』および関連書籍は会場でも販売いたします。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前です。

関連リンク