ホーム > 書籍詳細:文人悪食

大食、美食、偏食、粗食。名作も傑作も、「食卓」から生れた。

文人悪食

嵐山光三郎/著

853円(税込)

本の仕様

発売日:2000/09/01

読み仮名 ブンジンアクジキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-141905-3
C-CODE 0195
整理番号 あ-18-5
ジャンル 文学・評論、ノンフィクション
定価 853円
電子書籍 価格 896円
電子書籍 配信開始日 2017/05/26

「何か喰いたい」臨終の漱石は訴え、葡萄酒一匙を口に、亡くなった。鴎外はご飯に饅頭を乗せ、煎茶をかけて食べるのが好きだった。鏡花は病的な潔癖症で大根おろしも煮て食べたし、谷崎は鰻や天ぷらなど、こってりした食事を愉しんだ。そして、中也は酒を食らって狂暴になり、誰彼構わず絡んでいた。三十七人の文士の食卓それぞれに物語があり、それは作品そのものと深く結びついている。

著者プロフィール

嵐山光三郎 アラシヤマ・コウザブロウ

1942(昭和17)年、静岡県生れ。雑誌編集者を経て、作家活動に入る。1988年、『素人庖丁記』により、講談社エッセイ賞を受賞。2000(平成12)年、『芭蕉の誘惑』(後に『芭蕉紀行』と改題)により、JTB紀行文学大賞を受賞。『悪党芭蕉』が2006年に泉鏡花文学賞を、2007年に読売文学賞を受賞した。『文人悪食』『文人暴食』『文人悪妻』『日本一周ローカル線温泉旅』『死ぬための教養』『寿司問答──江戸前の真髄』『昭和出版残侠伝』『とっておきの銀座』『美妙』など著書多数。旅と温泉を愛し、一年のうち八ヶ月は、国内外を旅行している。

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

嵐山光三郎
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

文人悪食

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

文人悪食

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!