ホーム > 書籍詳細:日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―

人生の挫折のなかで発見した、五感で季節を味わう歓び……。生きる勇気が湧いてくる感動の一冊。

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―

森下典子/著

594円(税込)

本の仕様

発売日:2008/11/01

読み仮名 ニチニチコレコウジツオチャガオシエテクレタジュウゴノシアワセ
シリーズ名 新潮文庫
装幀 平野光良(新潮社写真部)/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-136351-6
C-CODE 0195
整理番号 も-34-1
ジャンル エッセー・随筆
定価 594円

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる……季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

どういう本?

タイトロジー
(タイトルを読む)
 雨は、降りしきっていた。私は息づまるような感動の中に座っていた。
 雨の日は、雨を聴く。雪の日は、雪を見る。夏には、暑さを、冬には、身の切れるような寒さを味わう。……どんな日も、その日を思う存分味わう。
 お茶とは、そういう「生き方」なのだ。
 そうやって生きれば、人間はたとえ、まわりが「苦境」と呼ぶような事態に遭遇したとしても、その状況を楽しんで生きていけるかもしれないのだ。
 私たちは、雨が降ると、「今日は、お天気が悪いわ」などと言う。けれど、本当は「悪い天気」なんて存在しない。
 雨の日をこんなふうに味わえるなら、どんな日も「いい日」になるのだ。毎日がいい日に……。
(「毎日がいい日」?)
 自分で思ったその言葉が、コトリと何かにぶつかった。覚えがあった。どこかで出会っていた。何度も、何度も……。
 その時、自然に薄暗い長押の上に目が行った。そこに、いつもの額がある。
「日日是好日」
(中略)
「日日是好日」の額は、初めて先生の家に来た日から、いつもそこに掲げられていた。初めてお茶会に連れて行ってもらった日には、掛け軸に書かれていた。その後、何度もこの言葉を見てきた。
 ずっと目の前にあったのに、今の今まで見えていなかった。
「目を覚ましなさい。人間はどんな日だって楽しむことができる。そして、人間は、そのことに気づく絶好のチャンスの連続の中で生きている。あなたが今、そのことに気づいたようにね」
 そのメッセージが、ぐんぐん伝わって胸に響く。(本書217~219ページ)
装幀 [萩茶碗]
14代坂倉新兵衛作 即中斎 銘「好日」
一行に出会う 「生きてる」って、こういうことだったのか!(本書7ページ)

著者プロフィール

森下典子 モリシタ・ノリコ

1956(昭和31)年、神奈川県横浜市生れ。日本女子大学文学部国文学科卒業。大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。その体験をまとめた『典奴どすえ』を1987年に出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける。『典奴ペルシャ湾を往く』『前世への冒険――ルネサンスの天才彫刻家を追って』『ひとり旅の途中』『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』『いとしいたべもの』などの著書がある。

目次

まえがき
序章 茶人という生きもの
第一章 「自分は何も知らない」ということを知る
第二章 頭で考えようとしないこと
第三章 「今」に気持ちを集中すること
第四章 見て感じること
第五章 たくさんの「本物」を見ること
第六章 季節を味わうこと
第七章 五感で自然とつながること
第八章 今、ここにいること
第九章 自然に身を任せ、時を過ごすこと
第十章 このままでよい、ということ
第十一章 別れは必ずやってくること
第十二章 自分の内側に耳をすますこと
第十三章 雨の日は、雨を聴くこと
第十四章 成長を待つこと
第十五章 長い目で今を生きること
あとがき
文庫版あとがき
解説 柳家小三治

関連コンテンツ

「あなたが実践する、体験した【私の日日是好日】を教えてください」Instagramキャンペーン!

キャンペーンに参加してくださった方の中から抽選でプレゼント!
■映画「日日是好日」キャストサイン入り原作本を5名様
■キュンタの図書カード(3000円分)を10名様

応募方法

[STEP 1]

Instagramアプリをインストールして[新潮社「日日是好日」]公式アカウント@nichinichikorekojitsu_bookをフォロー。
※投稿する前に、[新潮社「日日是好日」]公式アカウントを必ずフォローしてください。
※投稿した画像を削除、もしくは公式アカウントのフォローを外した場合も応募が無効となります。

[STEP 2]

あなたが実践する、体験した【私の日日是好日】を「#私の日日是好日 #お茶編」または「#私の日日是好日 #よい日編」をつけて写真や動画を投稿してください。

#私の日日是好日 #お茶編:日頃のお茶の楽しみ方を教えてください。
(例)お気に入りのランチバックにお茶道具を入れてお出かけ。このお茶道具、100均で買い揃えたもの。お茶碗、建水は小どんぶりにプランターで代用。屋外でも気軽に愉しめるいいアイテムです。
#私の日日是好日 #よい日編:よい日だなと感じたことを教えてください。
(例)少し前、紫陽花の名所に行こうと予定していた日、大雨で断念。楽しみにしていた私は意気消沈。雨が止んだ夕方、買い物に。散歩がてら普段歩かない小道に入ってみたら、紫陽花が! こんな近くに咲いていたなんて!

[STEP 3]

応募完了!
キャンペーン終了後、当選者の方にDM(ダイレクトメッセージ)をお送りします。

募集期間

2018年8月1日(水)~9月30日(日)23:59まで

賞品内容

■映画「日日是好日」キャストサイン入り原作本を抽選で5名様
■キュンタの図書カード(3000円分)を抽選で10名様

抽選・当選者発表

厳正なる抽選の上、当選者のInstagramのアカウントへ公式アカウントよりDM(ダイレクトメッセージ)を送付させていただきます。

個人情報の取り扱いについて

・当選者よりお預かりした個人情報は株式会社新潮社が厳重に管理し、当選者の当選連絡および賞品の発送以外の目的で利用することはありません。

・法令により適用を除外されている場合を除き、原則として事前に同意を得ずに第三者に提供することはありません。

ご注意事項

本条件に予めご同意いただいた上でご参加ください。
※投稿する前に、[新潮社「日日是好日」]公式Instagramを必ずフォローしてください。
※投稿の非公開設定をON にされている方は、参加対象外になりますのでご注意ください。
・投稿した画像を削除、もしくは公式アカウントのフォローを外した場合も応募が無効となります。
・応募で使用するInstagramアプリの設定や使い方については、アプリ提供会社にお問い合わせください。
・Instagramをご利用の際は、規約を遵守してください。
・弊社のやむを得ない都合により、応募期間やプレゼント賞品の内容が変更となる場合がございます。
・応募内容に不備があった場合は抽選の対象外となります。
・当選した権利を他者に譲渡することはできません。
・プレゼント賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
・プレゼント賞品を、交換したり現金に変えることはしないでください。
・住所の記載間違いで配送できない場合や、受け取りをされなかった方は、プレゼント賞品受け取りを放棄したとみなし、無効とさせていただきます。
・本キャンペーンは新潮社による提供です。Instagram社が関与するものではありません。
・本キャンペーンは新潮社による提供です。東京テアトル/ヨアケは一切関与しておらず問い合わせも受け付けておりません。
・応募いただいた内容や抽選および審査結果などの個別のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

感想を送る

新刊お知らせメール

森下典子
登録する
エッセー・随筆
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto